「伝統の中の新しさ」を見いだして躍進…小林聖心
sailboat-ship-sailing-greenland-boat

【返品?交換対象商品】- 桐生紬ろうけつ染帯「横段葡萄」 九寸 正絹 染帯 青磁色地 お太鼓柄 名古屋帯 vvyp3b89448-帯









みずみずしいタッチのろうけつ染帯です。
横段の構図で描かれた葡萄はまるで絵画を切り取ったかのよう。
余白の間もうつくしく、大きな葉がスーッとぼけていく様になんともいえない余韻があります。

ろうけつ染は彩色しない部分を蝋(ろう)で防染します。
そこに垂らしこみという技法で文様を描いています。

葉のぼかしや果実の色のにじみ具合などが絶妙な加減で表現されていて、味わいある染め上がりになっています。

帯地は織物の有数な産地である桐生織の紬です。
桐生は古くから絹織物の産地として発展し、現在までその技術は受け継がれています。
菱の地紋で文様部分がざっくりとした透かしのような織りになって、軽やかで紬らしい風合いが楽しめます。

普段着きものとしてカジュアルなコーディネートに最適です。
観光やお稽古事、ちょっとした外出に気軽に締めていきたいですね。

柄付けはお太鼓柄です。
9月~5月まで3シーズンで着用することができますので、活躍する機会も多いのではないでしょうか?

普段着感覚の帯ですが、品質は確かなものづくりをしております。
桐生紬のろうけつ染の味わいある帯をどうぞお手元で楽しんでください。


◆素材:正絹

◆帯地:紬(桐生)

◆お仕立てをご希望の方はご注文の際に【お仕立てあり】をお選びくださいませ。
当方にて金額の訂正(+6,000円)を行い、お仕立て代、および帯芯代(綿芯)が含まれた価格に変更いたします。

*当店のお仕立ては一切ミシンは使わず、すべて手縫い仕立てでございます。
*納期はご注文後、約2週間です。桐生紬ろうけつ染帯「横段葡萄」 九寸 名古屋帯 正絹 染帯 青磁色地 お太鼓柄

2020年からの目標として、具体的に計画しているのは年間出版点数を増やすことです。 絵本の出版社でいうと、だい… YAMAHA 【中古】 ヤマハ ピアノ A1L #6123147【白】

KAWAI 【中古】 カワイ ピアノ LD22WF #F089021

2020年度 ボローニャ国際絵本原画展 入選者リストと歴代入選作家たちのおすすめ絵本

2020年度「ボローニャ国際絵本原画展」の入選者が発表されました。 今年は世界66の国と地域から2574名の作… Read More

「母から母へのメッセージ」受験体験を現役生保護者に…中村

【返品?交換対象商品】- 桐生紬ろうけつ染帯「横段葡萄」 九寸 正絹 染帯 青磁色地 お太鼓柄 名古屋帯 vvyp3b89448-帯

「まま、起きてる? あのねー今日ねー……」 もうすぐ3歳の長女の寝かしつけは長い。時には2時間以上かかる日もあ… 【期間価格10/3-10/11\25500→13500】 メゾン マルジェラ / MM6 /未使用新品 ラウンドジップ ウォレット レッド イタリア製 【中古】未使用 長財布 / エムエム6 Maison Margiela / マルタン マルジェラ / KGK #

2歳の長女に嬉しい変化が 優しい気持ちがじんわり伝わる『どうぞのいす』

『どうぞのいす』という絵本をご存知だろうか。 「どうぞのいす」にやってくる動物達が、手持ちの食べ物と交換したり… Read More

美味しそうな「音」に大人でも思わず食べたくなってしまう『しろくまちゃんのほっとけーき』

我が家の長女は甘いものが苦手だ。 生クリームやケーキが食べられない。好きなおやつはせんべいと甘栗。3歳にしては… Read More

2020年は子年 ねずみが登場する絵本11選

2020年の干支は「子(ねずみ)年」で十二支の最初にあたる年です。 ここから新しいサイクルが始まると思うと、気… Read More

親が笑う 子が笑う 赤ちゃん絵本『こちょ こちょ こちょ』

誰かの笑い声が、周りの人に伝染することがある。 何がおかしいのかわからないけれど、なぜだか笑ってしまう。 この… 【紐の渡敬】帯締 帯〆 「畝打四本線撚房」 ピンク レディース 正絹 日本製 【送料無料】

【返品?交換対象商品】- 桐生紬ろうけつ染帯「横段葡萄」 九寸 正絹 染帯 青磁色地 お太鼓柄 名古屋帯 vvyp3b89448-帯

我が家の近くに大きな児童館がある。そこにはたくさん絵本が置いてあり、絵本好きの長女がとても気に入っている。 児… 白竜 HAKURYU WD-06-1 グリーンハーフ

長女とだるまさんは遊び仲間のお友達 『だるまさんが』

「パリ講和会議」再現して白熱の疑似体験…鴎友

失礼ながら、「これ子どもが分かるのかな?」と思っていた。 なぜなら、小さい子どもは“だるま”なんて知らないだろ… Read More